ブログ荘

アフィリエイト、読まれるブログの作り方を淡々と書いてます

グーグルキーワードプランナーの使い方【2018年最新版】

f:id:r-kawax:20180818193033p:plain

特化型ブログやオウンドメディアを作る際、効率的にアクセスを集めるためには、「検索ボリューム」の下調べが重要になってきます。そこで検索ボリュームを調べるツールとして、「グーグルキーワードプランナー」が存在します。

本記事では、グーグルキーワードプランナーの基本的な使い方について解説。最新版のUIに対応した使い方をご紹介していきます。

広告出稿しないとアバウトなデータしか表示されなくなった

グーグルキーワードプランナーは、昔は年間検索ボリュームの推移や、細かい検索ボリュームを調べることができました。しかし、現在はグーグルAdWordsに広告を出向しないと下記のようなアバウトなデータしか表示されません。

f:id:r-kawax:20180818192653p:plain

個人的にはこの検索ボリュームの表示で問題ないのですが、人によっては細かくグラフを表示させて、下記のように見たいという場合があるかと思います。

f:id:r-kawax:20180818192709p:plain

このグラフは現在、旧キーワードプランナー、かつ広告出稿した場合にだけ表示される用になっています。

ですが、特化型ブログ作成において、ここまで細かい検索ボリュームの推移を調べる必要はありません。メインキーワードの検索ボリュームはどの程度あればいいのか知れればいいので、「1万~10万」程度を知れれば十分なのです。

新キーワードプランナーの使い方

それでは早速、新キーワードプランナーの使い方についてご紹介していきます。旧キーワードプランナーはそのうち使えなくなるかもしれないので、できるだけ新しいものをどんどん使っていくことをおすすめします。

なお、キーワードプランナーを使うためにはグーグルアカウントが必要になってきますので、必ず取得するようお願いします。

まずは下記から、キーワードプランナー公式へ飛びましょう。

 

外部キーワードプランナー公式へ

 

1.まずは基本!キーワードの検索ボリュームのチェック

ログインが完了すると、下記のようなページが表示されます。

f:id:r-kawax:20180818192901p:plain

検索ボリュームを調べるには、虫眼鏡アイコンの入力フォームに調べたいキーワードを入力して、「開始する」をクリックします。

f:id:r-kawax:20180818192913p:plain

開始するをクリックすると画面が遷移し、今回の例では「旅行」というキーワードの検索ボリュームや、旅行に関連するキーワードの検索ボリュームが表示されます。

f:id:r-kawax:20180818192922p:plain

アバウトな検索ボリュームだけ知れたら良い場合は、ここまでの操作で終わりとなります。後はジャンル選定に使うメインキーワードをどんどんグーグルキーワードプランナーにかけて、検索ボリュームを調べていきましょう。

2.指定したテキストが入っているキーワードのみを調べる方法

先程は、「旅行」というメインキーワードの検索ボリュームと、それに関連したキーワードの検索ボリュームを調べました。しかし、人によっては、「旅行」というキーワードの複合キーワードまで検索ボリュームを調べたいと思います。

キーワードプランナーでは「フィルタ」をかけられるので、メインキーワードに対する複合キーワードまで一緒に調べることが可能です。

まずは「旅行」というキーワードで検索ボリュームのチェックを行います。結果画面が表示されますので、キーワード一覧の少し上にある「フィルタアイコン」をクリックしてください。

f:id:r-kawax:20180818192933p:plain

すると、「フィルタを追加」が表示されるので一覧の中から「キーワードのテキスト」をクリックしてください。

f:id:r-kawax:20180818192942p:plain

次にフィルタにかけるキーワードのテキストを打ち込みます。今回はメインキーワードである「旅行」が含まれたキーワードのみを抽出したいので、入力フォームに「旅行」と入力して「適用」をクリックします。

f:id:r-kawax:20180818192951p:plain

すると、デフォルト状態の検索結果とは変わり、今度は「旅行」というテキストが入っているキーワードのみを抽出することができます。

f:id:r-kawax:20180818193004p:plain

これで複合キーワードも一気に検索ボリュームのチェックができるので、キーワードプランナーを使ったキーワード選定をしている方は役立ててください。