ブログ荘

アフィリエイト、読まれるブログの作り方を淡々と書いてます

PCCアフィ終焉間近?Yahoo!広告でアフィリエイトが全面禁止に

f:id:r-kawax:20190510004125p:plain

2019年5月8日、私のメールアドレス宛にYahoo!プロモーション広告に関する「広告の有用性」についてのメールが届いていました。

ザックリ言ってしまうと、「今後はアフィリエイト目的での広告出稿は掲載しないようにする」という仕様変更で、これに伴いPPCアフィリエイターは大打撃を受けているようです。

今回の記事では、Yahoo!プロモーション広告の仕様変更点や、今後アフィリエイト活動をしていく上で取っていくべく行動についてお話していきたいと思います。

Yahoo!プロモーション広告の変更点

2019年6月3日から、Yahoo!プロモーション広告の利用規約が変わり、次のように広告の有用性に項目を追加しました。。

アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が多数掲載されているものや、広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの

一言で言うと、アフィリエイトなどに代表される成果報酬型のサイトは、この基準に該当します。引っかかる部分は「広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの」という箇所です。

つまり、この規約変更によりほぼ全てのYahoo!広告専用PPCアフィリエイターは6月から報酬が0円になります。

一部のサイトを除き、全面禁止に

原因は未だにYahoo!蔓延する低品質なペラページ

PPCアフィリエイトを少し齧ったことがある方ならわかるかもしれませんが、Yahoo!広告に出稿されているアフィリエイト記事は、1枚の画像、数行の説明文、広告リンクボタンの3構成で作られているものもあります。

こういったサイトが2019年になってもまだ見られ、ユーザーにとっても価値がない、アフィリエイトで商品を買ってもらうだけの広告として蔓延しています。最近になってペラページでは通らなくなったので、コンテンツを少し入れるようになってきていますが、それでも価値としては低いです。

おそらく今回のYahoo!広告の規約変更も、こういった低品質な広告を削除して、Yahoo!自体をもっと価値のあるブランドに育てようという試みがあるからだと思っています。

ちなみにこのようなペラページは自動で作れるようなツールもあります。それを情報商材として売って、低レベルかつモラルのないアフィリエイターを生み出しているのは、アフィリエイター、およびコンサルをしている元アフィリエイターの人たちです。

本来の広告の役割は「商品・ブランドの認知」にある

本来広告とはどういったものか考えたことはあるでしょうか。

これに関しては人によって考え方が変わるものだと思いますが、少なくとも私は、「企業が作った商品やサービスの認知度、ブランド価値を高めるもの」として考えています。

PPCアフィリエイターでもしっかりとやられている人であれば、この製品はどこが良くてオススメできます。といった感じでキッチリ作り込まれていますが、過半数の人はアフィリエイトでとりあえず稼げればいい、数撃ちゃ当たる戦法でペラページを量産だ!という考え方を持っています。

果たしてそこに、「この商品の認知度を高めて、その見返りとして報酬を受け取ろう」という考えはあるのでしょうか。

ただ単に画像を1枚貼って、商品ページへ誘導するためのボタンがあるだけのページに、そんな考え方を全く感じないのは私だけでしょうか。

個人は価値ある「メディア」が生き残る

今回の利用規約変更で、アフィリエイトサイトは「一部のサイトを除き掲載できなくなります」と書かれています。

この「一部のサイト」とは何かを考えた時何が生き残るのか。私の完全な推測ですが、今後は企業のLP、個人の作り込んだメディアの2つが生き残ると思っています。

具体的にどの部分までがアフィリエイトサイトと認識させるかはハッキリわかりませんが、「ユーザーに価値ある情報を提供する」に重きをおいて、そのついでに広告を一つ貼っているメディアであれば生き残る可能性もあるかもしれません。

そして、ペラではなくしっかりとなにかのジャンルに特化させたメディアであればあるほど広告掲載へ近づくはずです。広告の有用性に関して、次のような記述もあるので。

(1)広告主による独自のコンテンツが乏しいもの

(2)その他、ユーザーにとって有用性の低いもの

(3)正確性・信憑性に欠けるもの

プラットフォーム依存は危険

今回の規約変更で、PPCアフィリエイトで生活していた人はかなり大変になるかと思います。「Yahoo!広告」というプラットフォームを使わせてもらっている立場なので、急な規約変更でも文句は言えませんし、それによって生活ができなくなったとしてもYahoo!側にとっては全く痛手ではありません。

なので、プラットフォームに依存したビジネスは個人的に嫌いです。例えばYouTubeもそうですが、突然明日から広告収益が1/10になりますよ、と言われたら何人の人たちが犠牲になるでしょうか。

アフィリエイトサイトも同じです。Googleが急に「アフィリエイトのリンク貼っているサイトは軒並み圏外に飛ばす」という行動を取ったら、その時点で終了です。

ココらへんがプラットフォーム依存の怖いところです。

ですが、しっかりとメディアを作り込み固定客を囲うことができたら、Googleがいきなり圏外に飛ばしたとしても生き残ることはできます。やはり最後は「自分の城」を築くことがネットビジネスで生き残る術だと思うので、まずはメディアを通して自分だけの城を作っていったほうが良いと私は考えます。