ブログ荘

アフィリエイト、読まれるブログの作り方を淡々と書いてます

ブログがアドセンス審査に通らない7つの理由/経験とコンサル生の報告でわかったこと

f:id:r-kawax:20180818194104p:plain

ブログアフィリエイトをしている人の多くは「Googleアドセンス」を取得しています。そして、私もこれからブログを始める方には、まずアドセンスの取得を1~2ヶ月くらいで行ってほしいと考えております。

しかしながら、Googleアドセンスの審査がいつの間にか厳しくなっており、なかなか審査に通らないと嘆いている方もネット上には数多く存在します。

そこで本記事では、ブログがGoogleアドセンスの審査に通らない理由を、私の経験則とコンサル生の取得報告で分かったことを交えてご説明していきます。

 

Googleアドセンスの審査に必ず通るという基準は存在しません。Google側から見て「このブログは大丈夫かどうか」のさじ加減で全てが決まります。

ですので、今回ご紹介していく審査に通らない原因や通過するためのポイントは、あくまでも審査基準を満たす確率をあげるための施策です。これをやったからと言って、必ず審査に通るわけではないので予めご了承ください。

 

まずは大原則!アドセンスプログラムポリシーは必読

まず初めに断っておきたい事があります。それは、アドセンスプログラムポリシーを読んでいない方は論外ということです。

Google側としては、サイト運営者にきちんと規約を守ってもらい健全なサイト上でアドセンスを使ってもらいたいと考えています。そのポリシーを持っているGoogleに対して、こちら側がポリシーに従事せずアドセンスの審査に出したとしても通過するわけがありません。

アドセンスを使うブログを作る前、これからアドセンスを取得する前に必ずアドセンスプログラムポリシーは読むようにしてください。

Googleアドセンスの審査に通らない7つの理由

【1】無料ブログを使っていないか

2016年8月頃からアドセンスの審査が厳しくなりました。その影響もあってか、今まではso-netやJUGEMといった無料ブログでもアドセンスの審査に通過していたものが通らなくなりました。私も試しに無料ブログを使ってアドセンスの審査を出したことがありますが、審査に落ちました。

なぜ無料ブログでは審査に通らなくなったかと言うと、Googleではアドセンスアカウント取得時にサブドメインやディレクトリページを無効なURLとして判断しているからです。無料ブログの多くは独自ドメインではなく、そのサービスのサブドメインで運用されています。

ですので、この規約に当てはまってしまい無料ブログでは審査に落ちるのです。とにかく今後アドセンスアカウントを取得する場合は、「独自ドメインを使いましょう」という事を厳守してください。無効なURLの例については下記ページをご参考に。

 

参考AdSense アカウントの開設時に URL を入力する方法

 

【2】5記事程書いて放置している

一昔前は「アドセンス取得用の無料ブログを作って、5記事くらい適当に入れとけば審査に通るよ」と言われており、現にそれで審査に通っていました。

ですが審査が厳しくなった昨今では「審査期間中に更新のないブログは価値なし」と見なされてしまい、アドセンスの審査に通らないようになっています。

Googleは鮮度が良く正しい情報を提供している記事に価値を感じています。これはGoogleだけでなく、私達ユーザーにとっても同じはずです。ですので今後は、アドセンス取得用のブログというこだわりは捨て、最初から全力で作っていく独自ドメインブログを用意するようにしましょう。

もちろん、審査期間中も淡々と更新を続けていってください。

【3】画像/動画の使い方が不適切

画像や動画の使い方が不適切で審査に通らない事もあります。

特にNGと言われている画像が、「芸能人を始めとした著名人の画像」をブログに載せることです。たくさん画像を使ったほうがブログの見栄えも良くなり魅力的に感じるかもしれませんが、芸能人などは所属事務所から警告が来ることもありますので、アドセンス取得以前の問題です。

もし画像を使ってブログを作っていきたい場合は、著作権フリーの画像や自分で撮影した写真を使うようにしましょう。

個人的には画像を多く使いすぎるとサーバーにも負荷をかけますし、サイトを開くスピードも遅くなってしまうため、極力使うのを避けています。

【4】コンテンツポリシー違反

アドセンス規約の中で最も違反しやすいのがコンテンツポリシーです。

例えば、アダルト向けのコンテンツだったり、他者を貶めるようなコンテンツ、あるいは下品な言葉使いで誰かを罵倒するような文章、これらはグーグルのコンテンツポリシー違反に該当します。

またコンテンツポリシーとしてタバコ関連の販売やアルコール、ギャンブルなどは禁止とされていますが、ある程度需要があり嗜好品として嗜む人も多いため、記事コンテンツとして扱おうと考えている人も少なくありません。ICOSなどもタバコ関連に含まれるため、もしこれらの嗜好品を記事として扱うのならばアドセンスは外さなければならないことに注意してください。

なお、ギャンブル関連コンテンツは日本でNGですが他の国ではOKなところもあります。詳しくはコンテンツポリシーを確認ください。

【5】文字数が極端に少なく内容が薄い

極端に文字数が少なく、内容がほとんどないような記事は無価値です。

無駄なことを書いて文字数を増やせとは言いませんが、ある程度文字数は確保したほうがアドセンスの審査に通りやすいのは事実です。目安としては最低1000文字で、しっかりとコンテンツを作り込んだ上で審査に出すようにしましょう。

【6】記事のコピペ/リライトをしている

画像/動画と同じカテゴリになりますが、「著作権で保護されているコンテンツ」の中に他サイトの記事内容なども含まれています。

ですので、あなたがブログの審査用に誰かの記事をコピペしてきたとしても審査に通ることはありません。また、語尾を変えた程度のリライトもNGです。

記事を書く際は、あなたの言葉で書くようにしましょう。

【7】日記になっていないか

「昨日●●を食べました。美味しかったです。」と言ったあなたの日記は、グーグルにとってそこまで価値のある物ではありません。

ただし、日記と言っても価値のある日記であればアドセンスの審査に通ります。例えば、あなたが京都に一人旅行に行ったとしましょう。

「駅前で食べた●●という料理が美味しかった。」「京都で有名な▲▲に行ってきた。そこの◆◆は訪れたなら絶対に行くべきおすすめスポットです。」という情報は人によっては価値を感じるはずです。

なぜなら今度京都旅行に行ってみようと考えている方が、京都って何の料理が美味しいんだろうか、京都で有名なお寺はどこだろうと調べた際に、実際に旅行に行った人の感想などが載っているのならば、自分をそこに行ってみたいなという価値を感じるかもしれないからです。

日記でも誰かに価値を提供している内容ならばアドセンスの審査に通ります。一方で独りよがりな日記コンテンツは審査に通らないと思ってもらっても良いです。

経験でわかったアドセンス審査を一発で通過するためのポイント

私は2016年8月頃に個人のアドセンスを取得し、その後法人用として2017年2月頃にアドセンスを1つ取得しました。どちらも審査は速攻終わり1ヶ月もかからずしてアドセンスの審査を終えています。

また、私のコンサル生の方もアドセンス審査で落ちたことはありません。その時のブログ状況を確認し、私のブログとも照らし合わせた結果、次のようなポイントを押さえておけばアドセンス審査に通過しやすいです。

【1】独自ドメインでブログを運用する

まずは無料ブログを卒業して独自ドメインでブログを運用するようにしましょう。具体的にはレンタルサーバーを自分で借りて、そこでワードプレスだったりはてなブログProだったりを使いブログを作っていくことです。

独自ドメインの取得は「お名前.com」がおすすめです。若干サイトが重いですが、メジャーなところなので安心感はあります。独自ドメインを取得する方法については下記記事を参考にしてください。

 

関連独自ドメインで有料ブログを作ろう!ドメイン取得編

 

【2】文字数や記事数を意識する

独自ドメインを取得し、ワードプレスのインストールやカスタマイズ設定等が完了したら次はいよいよ記事を書いていきます。

その際に、文字数は最低1000文字を意識するようにしてください。要点をしっかりとまとめられてユーザーに満足してもらえる記事を500字程度で書けるならばそれでも問題ありません。

また、Googleアドセンスの審査に出した後もしっかりと記事更新をしていきましょう。更新のないサイトはGoogleから見ても鮮度が悪いと判断されてしまうので審査に通りにくくなります。

【3】無駄な画像は極力使わない

無駄な画像は極力使わないようにしてください。

もし画像を使いたい場合は、著作権フリーの画像や自作のイラスト、もしくは撮影した写真を利用してください。著作権フリーの画像サイトは様々あります。今回は一例をご紹介します。

また、画像の使い過ぎはサーバーに負荷をかけるだけですので、必要最低限使うようにしましょう。

【4】芸能系はなるべく避ける

記事を書く際は、芸能系ジャンルの取扱をなるべく避けましょう。特にゴシップ系の記事は芸能人にとってマイナスイメージを植え付けてしまうことになり、最悪事務所から訴えられる可能性もあります。

また、Googleのコンテンツポリシーにそぐわない内容も芸能系にはあります。

もし芸能系ジャンルのブログを作りたいのでしたら、アドセンスの審査に通った後にしましょう。

【5】ユーザーにとって価値のある記事を書く

自己満足の日記記事はGoogleにとってもユーザーにとっても価値はありません。

例えば、「渋谷のおすすめ文房具屋さんを知りたい」という人に「渋谷でおすすめのラーメン屋さん」を紹介することは絶対にないですよね。しかし残念なことに、こういったユーザーの意図とかけ離れている記事を書いてしまう人はこの業界にたくさんいます。

まずは記事を書く際に、ユーザーの意図とマッチしている記事になっているかを気にするようにしましょう。それがキッチリできるようになれば、ユーザーにとって価値のある記事に仕上がります。

【6】プロフィールやお問い合わせフォームを作成する

プロフィールは不必要かもしれませんが、お問い合わせフォームはあったほうが良いです。

私のコンサル生の方でGoogleアドセンスの審査に一発で合格した方々は、全員お問い合わせフォームは設置しています。お問い合わせフォームはワードプレスのプラグインを使えば簡単に設置できるので、アドセンスを貼るならば設置しておきましょう。

やはり連絡をとれる環境を持つサイトのほうがGoogle側としても安心と捉えられているかもしれません。

【7】ポリシー違反になるような言葉は避ける

乱暴な言葉や卑猥な言葉を記事内で使うのは辞めましょう。

また、人種や性的指向、障害などを差別したり疎外したりする内容もNGとなっています。普通にブログを作っていればこれらのポリシー違反に引っかかることはありませんが、稀に「個性的なキャラクター」を無理やり作ろうとして言葉遣いの悪いキャラクターで記事を書く人がいます。

そういったのが好きな方もいるかもしれませんが、一般的なユーザーやGoogle側ではこのようなキャラクターは好まれません。ですので、「です・ます調」「だ・である調」でブログを普通に作っていきましょう。

アドセンス審査に通らない原因-まとめ

以上、アドセンス審査に通らない原因と審査に一発で通過するためのポイントのまとめでした。

アドセンス審査に落ちる原因は、必ずGoogleのアドセンスプログラムポリシーに違反しています。まずは記事を書く前にアドセンスプログラムポリシーを一読するようにしてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。